不動産査定と建物の評価方法について

不動産査定と建物の評価方法は不動産会社や鑑定士によりその評価が大きく変わることが少なくありません。その理由は査定や評価の方法に様々なものがあり、また周辺の相場に対する考え方やその変動に対する予測をどれだけ網羅するかによっても変わってくるためです。そのため不動産査定や建物の評価を行う場合には複数の不動産会社や鑑定士に依頼をし評価をしてもらうことが必要です。

一般的に不動産査定を行う場合、その基準となるのは国が定める調査による価格です。国では固定資産税を算定する基準として定期的に周辺の環境や地域の特性などを鑑みた土地の評価額の見直しを行っており、この評価額をもとに固定資産税を算出することになっています。不動産査定を行う場合この評価額を基準に算定することが多く、これに対して実際の周辺の相場や環境などを鑑みて実際の査定価格を算出しています。そのため周辺相場に対する考え方やその後の環境の変化の予測の方法等により金額が変動することが少なくありません。

さらに建物の評価については基本的には国が定める固定資産税の算出の基準となる評価額を基準としていますが、これも実際には鑑定士等が内部を査定し実際の痛み具合などを確認して算出することが少なくありません。さらに最近では住宅を直接購入しリフォームをして販売する会社も増えており、この場合には評価額に対しさらにリフォームを行い販売するときの販売予定価格を仮定した上でリフォーム費用と利益を差し引いた金額を査定額として設定する場合も多くなっています。そのため売却行う対象により査定額が大きく変わってくるので注意が必要です。

不動産を売却する方法には大きく分けて2つの方法があり、どちらの方法を選ぶかによっても査定額は大きく変化するものです。通常は不動産会社は売主に代わって相手を見つけ間を仲介する仲介販売を中心として行うことが少なくありません。この場合には査定を行う際に実際にその不動産がいくらで販売できるのかを想定した上で行うことになります。
実際には不動産会社の手数料が発生するのですが基本的には売主から徴収することが多いため買い手にとってはより相場に近く安い金額であれば魅力的な物件となるため、そのような価格を査定価格として設定することが多くなっています。

もう一つの不動産売却の方法として不動産会社が直接購入すると言う方法があります。この場合不動産会社はその物件を販売して利益を得ることが目的であるため査定額は低くなってしまうと言う実態があります。さらに不動産会社が住宅などを売主から購入し再度販売する場合にはリフォーム等の作業を行うことも多く、これらの費用も想定した上で自社の利益を上げることを考えるためその査定額は非常に低いものとなってしまうことが少なくありません。しかし多くの場合にはすぐに売却できることから不動産を維持するための様々な費用が売主にかからないと言うメリットがあるため、総合的な判断のもとに選ぶことが大切です。

不動産査定を行う場合に注意しなければならない事は、売却時期や売却の方法などにも充分に注意することです。不動産外車が直接購入してくれる場合には査定額は非常に低くなることが少なくありませんが、その多くがすぐに売却できしかも代金は現金で一括で入金されることです。不動産を所有している場合には固定資産税等がかかるためすぐに売却できる事は余分な税金を支払わずに済むと言うメリットが生まれます。一般的に購入者を募集してより高い価格で販売しようとする場合、査定額は高額となることもありますがなかなか売却できないことも多くこの場合には売却できるまでの間固定資産税を支払わなければならないことになり余分な出費が発生することになります。

不動産を売却する場合にはまずはしっかりとした設定を複数の会社から受けることが非常に重要です。高い査定額が出ると嬉しくなってしまうことも少なくありませんが逆に査定額が高いと市場に受け入れられずになかなか売却できないと言うことも少なくありません。そのためまずは自分の所有する不動産のしっかりとした相場を知ることが大切です。しかし相場を知る事は一般の人には非常に難しく、周辺環境の要素のほかに建物の状態なども関連してくるためこれらの要素を総合的に判断することが重要です。そのためには複数の会社の査定を受け、その査定額を十分に比較して自分の不動産の価格をしっかりと把握することが何よりも大切です。

また不動産査定においては査定を行う側の思惑も含まれていることを十分に考えることが必要です。会社によっては高い査定額を算出し実際に売却ができないようにして最終的には自社で安く買い叩くといった悪質なことを行う会社も最近増えています。そのため査定を行う際には信頼できる会社を選び、査定の根拠などをしっかりと説明してもらうようにすることが納得できる査定額を得るために重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です