不動産投資の初心者向け知識のまとめ!攻めと守りの注意事項

不動産投資は、不動産から利益を得ることを目的に不動産に対して行う投資です。

MEMO
具体的には、アパートやマンションなどの不動産を購入して家賃収入を得たり、売却益という利益を得るために、購入した不動産物件の価値が上昇した時に売却を行ったりすることをいいます。

不動産投資は株式や保険商品、FXなどのような金融商品と違い、リスクも比較的低くて、長期的な安定収入が得られる上に、節税効果なども期待できるというメリットがあって、地方より東京などの都心部などでさかんに行われているという特徴がある投資方法です。

不動産投資が他の投資に対して優れているところはどこ?

不動産投資は、全体的には売却益を期待するよりも月々の家賃収入を期待して投資する人が多いという特徴もあります。

MEMO
最近は不動産投資家よりも会社員や公務員などの人がオーナーとして不動産投資を始めるケースも増えているといわれています。

不動産投資と聴くと、土地を持っていたりたくさんの資金がないと始められない印象がありますが、どうやらそんな必要もないことから注目を集め始めました!

信頼できる会社選びならここ

このような不動産投資は収益性という点で長期的でより安定的という点がメリットといわれています。

それでは不動産投資の収益について整理してみましょう。

不動産投資の基本は家賃収益

不動産投資は賃貸という形式で、毎月得られる家賃を得ることができます。

住居として利用する人が入居するため、景気などにはあまり影響されず、安定的な収入が得られるというメリットがあるのです。不動産投資を行う人は、老後に備えて年金以外に生活資金を確保したいという理由で投資を検討している人も多いのです。

不動産投資は生命保険にも

また、生命保険の代わりとして投資を行うケースもあり、不動産投資には生命保険と同じような役割があり、生命保険の代わりに不動産投資を行う人もいます。

投資用物件購入の際は、住宅ローンを活用して購入資金を用意する人が多いのですが、ローンを組む時には、団体信用生命保険という生命保険に加入します。

万が一、ローンを組んだ人が死亡してしまったり、高度障害などになってしまった場合でも、この保険の保険金によって、ローンの残りが支払われるようになっています。

不幸にして契約者がなくなってしまっても、当然のことながら家族はその不動産を相続することができるため、生命保険の代わりになるという特徴があるのです。この点は他の金融商品などにはない、不動産投資の特徴ですね。

不動産投資は節税対策にも

また、不動産投資には税金などにおいて節税効果があるといわれています。不動産所得はいつも入居者が見つかって黒字になるという場合ばかりではありません。

入居者が見つからずに赤字になってしまうリスクも少なからずあるし、不動産購入を行った初年度は、初期費用などの必要な経費も発生します。

そのような場合であっても会社員や公務員などサラリーマンをしている人であれば、給与所得から不動産所得における赤字分を差し引けますので所得が小さくなるといえます。

その結果、所得税や住民税の節税を行うことができるのです。

また、サラリーマンではなく自営業を行っている方の場合であれば、事業所得のところで赤字分を計上し、所得税や住民税の節税を行うことになります。

さらに相続税の節税になるという点も挙げられますよ。

不動産は、現金の相続と比較すると相続税計算上の評価が低く、相続税額が低く計算されるという効果があるのです。不動産投資を行って手持ちの現金の預金を不動産という形にすることで相続税の節税効果があることは裏技として抑えておくべきでしょう。

さらに、不動産投資は物件の管理や家賃見直しなどについて自身で投資効率を上げることができるため、株式やFXなどに比べると自身でコントロール可能な幅が広いという特徴もあって、この点も不動産投資の優れた点といわれています。

そんな不動産投資 いくらからできるのかという点については気になるのではないでしょうか。そこで、その点についてご紹介してみたいと思います。

不動産投資は自己資金なしでもできるの?その際の留意点は何?

不動産投資を始めてみたいという人にとっては不動産投資 いくらからできるのかということについてはとても気になりますよね。じつは全く頭金がないという人でも不動産投資が可能な物件もあるんです。

信頼できる会社選びならここ

リーマン物件とは、2008年9月のリーマンショックの影響を受けて価格が安くなった物件のことで、冷静に見ればこんな価格で一般のサラリーマンが買えるはずがないという値段で新築マンションが次々と登場し、さらに頭金がなくても購入できる物件から不動産投資を始められたという方もいらっしゃいます。

最初は怪しいと思われたそうですが、頭金が本当になしででも購入できるなら考えたいと思われたそうです。

6000万円近い物件が5300万円くらいの価格で、毎年430万円くらいの家賃収入があり、結果利回りが8%くらいとなった物件を頭金なしで購入されたということなのです。

投資事例
月々の手取り収入が6万円くらいですが、自分では支払うお金が1円もいらないという物件を購入でき、ローン契約でも問題なく借りることができ、頭金を1円も支払わずにアパートオーナーなれました。

不動産投資を行う祭に必要な融資を得るための留意点として、勤め先と年収、自己資金の3つが大きなポイントになるという点が挙げられます。

このうち勤め先と年収がという2つの属性を満たしていれば、自己資金0円で不動産投資を始めることができるんですね。

不動産投資に関するセミナーに参加してしつこい勧誘はない?

不動産投資に関するセミナーなども頻繁に開催されています。不動産会社も会社や不動産投資の魅力や不動産に投資を行うメリットなどを伝えるためにセミナーが開催されていて、毎週、毎日どこかで不動産投資セミナーなども開催されています。

不動産投資を行って老後に備えたいという方や、不動産投資を行ってもしもの時に家族に資産を残したいと思われて、不動産に投資に興味があったり、参加してみたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、同時に実際にセミナーに参加したらしつこい勧誘などを受けるのではないかと思われ、参加を躊躇してしまうという方もいらっしゃるかもしれません。

不動産投資のセミナーを開催する会社は、セミナーに参加されたお客様に対し、様々な情報を提供したり、多くのお客様からの疑問点やご不安な点などの相談を通して、不動産投資に対するお客様の不安の解決や、お客様に不動産投資物件の購入などの検討してもらいたいという思いなどもあるといえます。

よりよいソリューションを提供し、今後の不動産投資ライフをサポートしたいという思いがあるのです。

もちろん、不動産投資を検討するために自身で独学され、インターネット上の物件などを具体的に検討されているお客様もいます。不動産投資に関する情報は様々なところにあって独自で情報収集行って不動産投資を始めるのも一つの方法といえますが、不動産投資セミナーに参加することで、独学では得られない様々なメリットも得られるのです。

セミナー参加のメリット
最新の不動産市場の状況を知ることができたり、インターネット上などにある情報では入手できない不動産会社がインターネットに載せないような情報を知ることができたりします。

また、実際に不動産投資を行ってきたプロフェッショナルならではの経験に基づく多様な視点からのアドバイスやサポート情報を得ることができたりするというメリットなどがあるのです。

有用な情報を効率的に得ることができれば、機会損失をしないかもしれないですよね。

不動産セミナーならココ!

実際に不動産投資が、いくらからできるのかという点について質問することで、ご自身に合ったスタイルでの不動産投資を提案してもらえたりすることもできます。

このような具体的なサポートがすぐに提案してもらえるという点も、セミナーに参加する大きなメリットの一つといえます。

不動産投資を行って、不動産オーナーになったとして、10年後や20年後を考えた長期的な視点も不動産投資には重要なのです。その不動産物件がある場所の賃貸物件としての需要や開発という点から将来的な展望という意味では、やはりプロは圧倒的に優れているのです。そのため、セミナーに参加して情報を得たりするということは不動産投資を考えているうえではとても重要なことといえます。

しかし、何度断ってもしつこい電話勧誘が行われる会社だと困ってしまいますよね。現在はそのような勧誘を行う会社は少なくなっていますが、全くないというわけではありません。

セミナー後の勧誘などが気になる場合には、参加申し込みの時点で事前にセミナー後の勧誘について先に確認しておくのも一つです。しつこい勧誘を行わないという会社のセミナーなら安心して参加することができます。もし、しつこく勧誘をされたという場合には毅然として断わるということなどをすることで相手に伝わるといえます。

不動産投資でオススメの形態はどれ?

不動産投資をするという場合、主に会社員や公務員をしながら副業的に不動産投資を行って老後に備えたり、万が一の時に家族のために資産を残したいという人もいらっしゃるのではないでしょうか。

実際に不動産投資を始めて、物件のオーナーになった場合、その物件を管理していく必要があります。しかし、本業を行っている方などの場合、その管理を全て行うのは現実的ではありませんよね。

そこで、不動産投資を行い、賃貸物件を取得した場合の物件の管理の携帯についてご紹介してみたいと思います。物件の管理形態には委託管理と自主管理、サブリースという管理形態があります。そして、どの管理方法を選択するかという点についてはとても重要なポイントといわれています。

委託管理は賃貸業務に関わる次のような業務を管理会社へ委託してお願いするという管理形態になります。まず、家賃などの入金管理や滞納時の督促、家賃の回収業務やクレームや事故への対応、原状回復に関する見積もり額を設定したり、業者手配や広告活動などです。

それに対して、

自主管理という形態は入居者募集の広告などを出したり、不動産会社に物件の紹介をお願いしたりするところから、実際に賃貸物件の家賃などをもらうところなども含めてすべて自身で管理を行うという形態です。

そして、

サブリースという一括借り上げによって家賃保証制度をとる管理形態という形態で、不動産会社が物件のオーナーから賃貸物件を一括借り上げを行って、入居者に転貸をするという形態があります。

この制度を利用すると物件のオーナーは、入居者がいる、いないに関わらす家賃が保証されるというメリットがあります。同時に管理業務を委託することができるというメリットがあります。

家賃の20%くらいの委託料を引かれますが、物件が空室になっていても満室になっているとされた金額がオーナーに振り込まれるのです。

どの管理方法を選択するのがいいのかという点については、ケースバイケースといえます。会社員として本業をもっており、副業的に不動産投資を行っているという場合には一括借り上げや委託管理の方が便利といえます。

そして、人気の高い場所に立地していて、本業があって自身は管理できないけれども、家族などが管理できるという場合にはサブリースや自主管理の方がメリットが多いという場合もあります。

不動産投資による管理形態はどの程度の管理形態が最もいいのかという点についてはそれぞれの方の状況によるといえます。

しかし、不動産投資はいくらからでも始めることができ、手元に資金がないという場合でも始めることができるという投資方法です。
なので不動産投資をいくらから始めるのかについては、それぞれの方のニーズに合わせて考えることができるわけですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です